PROFILE >>

 

La Pensée PIANO

La Pensée  ラ・パンセ」とは

フランスの言葉で「思い」、

そして「三色すみれ」を意味します。

 

「ラ・パンセ・ピアノ」は、ピアノを弾く人が思いを音楽にのせ、

花開かせていってほしいという願いを込めてスタートさせた

東京都墨田区のピアノ教室です。

 

日本とフランスで音楽を学んだ経験を生かし、

幼児のピアノ導入から音楽高校・音楽大学を目指す専門家志望の方、

ピアノをもう一度学んでみたい大人の方まで、

一人ひとりの個性と魅力を大切にしたレッスンを行っております。

 

 

 講師紹介 

東京音楽大学卒業後、フランスに留学。

パリ・エコール・ノルマル音楽院室内楽科において

最高課程演奏家ディプロム(コンサーティスト)を取得し、修了。

パリ・モーリス・ラヴェル音楽院特別課程ピアノ伴奏科を修了。

パリ留学中よりフランス各地で演奏会に多数出演する。

帰国後もソロ、室内楽、オーケストラとの共演、コンクール公式伴奏者をつとめるなど、幅広い活動を行っている。

 

一方で教育活動にも力を注ぎ、現在は私立大学にて非常勤講師として勤務。

全日本ジュニアクラシック音楽コンクール、日本クラシック音楽コンクール、

東京国際ピアノコンクール等において審査員を務める。

 

これまでにピアノを三宅民規、掘江孝子、竹尾聆子、外山準、ドミニク・ジョフロワ、伴奏法をクロード・コレ、室内楽をニーナ・パタルチェックの各氏に師事。

​    

メディア

雑誌「25 ans」お稽古特集にて当教室が紹介されました

La

Pensée

PIANO